ダイエットで健康促進

ダイエットのいろいろを試しながらメタボな中年太りを解消、スリムな体型へと変化させるをブログ掲載。  ツボや痩身などのリンパマッサージなどのダイエット健康メモも掲載。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

低カロリー食品と摂取方法 

低カロリー食品と言えば、コンニャクや寒天、豆腐、魚肉、鶏肉(ササミ)、野菜等が挙げられますが、コンニャクや寒天などは大量に摂取してもカロリーがほとんど無いもです。

いわゆる、ノンカロリー食品は腹持ち感を良くするために食事に加えれる事が一般的です。

豆腐や魚肉、鶏肉(ササミ)低カロリー食品ですから、大量に摂取すればダイエット効果は望めませんが、味や食感を変える意味では大きな役割があります。
これら、低カロリー食品などの味や食感を加えることで、料理にバリエーションと食事に対する満足感を与えることができます。料理なのですから、味もそっけもない物では、すぐに、飽きてしまいます。

野菜は繊維質やミネラル分を多く含んでいますので、排便効果を高め、脂肪燃焼に効果的です。
カロリーも少なく大量に摂取しても太ることはありません。
満腹感が得られない場合は野菜を大量に摂取することで対応することができます。
しかし、野菜に使用するドレッシングやマヨネーズなどの調味料はかなりのカロリーが含まれていますので摂取する際は、調味料のカロリーに注意が必要となります。

最近ではノンカロリードレッシングや低カロリーマヨネーズなどが出てきているのでこれらを使用されることが望ましいでしょう。


要は、ノンカロリー食で腹持ちを良くして空腹感をなくして、低カロリー食品で食事にバリエーションを作り、飽きない食生活にして、野菜などのミネラル分や繊維質で脂肪燃焼をよくして排便効果によって痩せる効果を狙う方法が低カロリー食品の摂取方法と言えます。

次回は、骨格や体脂肪について考えてみます。
スポンサーサイト
● スポンサー ドリンク ●

Google
★ ブログランキング ★
ブログランキングに参加中です。 応援頂ける方は1クリックだけ、お願い致します。
スポンサー ドリンク
ユーザータグ
ブロとも申請フォーム